INFINITE SWORD STRUGGLE

シュッシュッ
INFINITE SWORD STRUGGLE TOP  >  ボーダーブレイク >  スイッチャー

スイッチャー

エージェント・ヤーサンことヤーサン・ハントは、
IMFの命によりまたしても現れた武装勢力の鎮圧に奔走していた
SH3F0007_20130311231651.jpg
ヤーサン「ふう、これで粗方片付いたニャ。早く帰って粉を浴びたいニャ。」



任務を終え帰路に着くヤーサンであったが、アジトにて待っていたのは
新たな任務の知らせであった





SH3F00111.jpg
ヤーサン「全く人使い・・・いや、猫使いが粗い事で。」

司令「まあ、そう言うな。息つく暇も無いだろうが、今回は朗報だ。新しい機体と装備を用意した。」

ヤーサン「・・・!確かに朗報だ。どんな代物です?」





SH3F0213.jpgSH3F0214.jpg
SH3F0215.jpgSH3F0216.jpg
司令「重量タイプのホバー機だ、ようやく開発が完了した1番機だ。
装備は主武器のみだが全くの新型だ。開発部の話によれば、モード切替により異なる運用が可能らしい。
実は君が近日中に任務外の戦闘に参加すると聞いたのでね。そこで今回、君にこれらのテスト運用を
頼もうと思ってね。終わったら君に譲ろう、好きにして構わない。
ただし、本件もいつもの例に漏れず極秘任務だ。何者かの介入、妨害があるかもしれないが・・・」





リアル・ヤーサン001
ヤーサン「(電波が悪いな・・・聞こえん)司令、通信状態があまり良くないようだが・・・」





SH3F0052_20130311231823.jpg
司令「では、健闘を祈る」

ヤーサン「司令!?」

という事で、今度のクラン演習に向けて新調したフルロジ(初期)とサーバル「粉」変機関銃のテストでござる。
新型とはいえ「一応」機関銃系統なのに初期からクルペッコウッドペッカーと重量同じってどういう。。
重量機体で使う事を想定して、相応の性能のロージー(補正E、反動B-)で運用。





SH3F0217.jpg
リスポン位置からそのまま180度回転して壁に試射。まずタイプAでオーバーヒートまでフルオート掃射。
頭と武器の補正が上手くマイナスに作用してものすごく散ります。反動もかなり強く、リコイル無しだと
ガトリングの比ではない暴れ方をし、初期型から相当なジャジャ馬。必然的に射程は近距離に絞られます。





SH3F0218.jpg
今度はタイプAのしゃがみⅡ使用。かなり纏まってるけど、撃ち続けると段々と散っていきます。
重火力武器の例に漏れず、バースト撃ちが特に重要な武器であります。





SH3F0219.jpg
今度はモードBのスコープを使った狙撃?仕様。
↑2種の散り方が嘘のような収束振りで、強襲のヴォルペ並の使い勝手に。
タイプAよりも1発の威力は落ちるけど、こっちの方が弾が纏まってより多くヒットするので、
実質的な火力は向上しているのでは。
因みに狙撃銃のようにレティクル収束などは無く、切り替えて即撃てる。





SH3F0220.jpg
タイプAで砲台試射。タイプAではここまで近付かないとフルヒットしない。
大事なことなのでもう1度言おう、ここまで近付かないとフルヒットしない。
しかし暴れるだけあって火力は高く、1回の掃射で砲台を破壊する・・・はずが、
この距離で数発外すというワロスAIMにより失敗。orz





SH3F0209.jpg
タイプBの狙撃だと、この位が有効打が入るギリギリの射程かと。

SH3F0210.jpg
同じ位の距離のスコープ画面ver. 狙撃銃と違い画面一杯周りが見えるので、
ある程度戦闘でも使っていけるか。





SH3F0211.jpg
タイプAでレーダーに掃射。2回の掃射でこれだけ削れます。





SH3F0212.jpg
最後にコア凸(タイプA)。ここまで潜り込めば低い射撃精度も関係なく、中々の削れ方。





今回はちょっと時間が無くて結構雑になりましたが、感想としては重量分の攻撃力は確かに持ってるが、
切り替え等の癖が強く扱い難い・・・といった所ですかね。でも面白い仕様なので、頑張って使ってみようかと。





あとホバーむずい(死
スポンサーサイト
>ガネさん
粉に始まり粉に終わる者、それがヤーサンである(笑
「MIP」ネタはこれからちょくちょく使って行きたいと思いますw
サーバルは性能もさることながら、非常にリアルな見た目にやられました。
あ、ウィーゼル、君達は今までよくやったよ・・・
ロージーは初ホバーなのもあって扱いが難しいけど、初期型からこの装甲値はスモイ。
これは活動範囲が広がるので布教活動が嵌る・・・!

>銀さん
流石にそろそろHG以外の機体も使いたくなってきた所だったので
丁度良いタイミングだったダス。しかし、あくまでもしぶとく
生き延びて粉を撒くスタイルは貫くので相変わらずのガチムチだけど(笑
武器と機体の色が同じなのは思わぬサプライズだったw
[ 2013/03/14 00:21 ] [ 編集 ]
ワ粉トローダー
限定戦の為に素材とGPを使わせてしまって申し訳ナイダス。
毎回ヤーサンの機体は押しても引いてもビクともしないので
今回のフル路地にも対策たてねば・・・(機体と武器の色合い、イイ!
[ 2013/03/13 22:03 ] [ 編集 ]
任務帰還後の憩い、シャワーのかわりに粉を浴びようとするヤーサンw
「ミッション・イン・粉ッシブル パウダープロトコル」が始まった・・・!
(気持ちよくなっても、当局は・・・のくだり&粉塵アイコンw)
エージェント・ヤーサンの新たな任務、サーバル「粉」変機関銃の試射/
弾道報告書の作成は、装甲揚陸艇によって果たされる・・・!
粉の散り方がモード変化する 散布型のA/集中型のBと、
なかなかにタクティカルな仕様、個人的には独特の形状をした
スコープモードがかなりカッコイイと感じました。これは素晴らしい・・・
[ 2013/03/12 17:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


プロフィール

Sig(しぐ)

Author:Sig(しぐ)
粉の戦士

最近のトラックバック
カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索